数年前に主人がヘルニアになりました。アテニア 口コミ

元々、腰痛持ちだった主人は、仕事から帰ると毎日のように、「腰が痛い」と言って湿布を貼っていました。ライザップ 町田店

当時、現場で力仕事をしていたので、体は人一番鍛えていたと思います。ラクトフェリン

しかし、少しバランスを崩して作業してしまったときに、ぎっくり腰をするようになってしまい、それが習慣化したようでした。ライザップ 新宿店

何度も、辛そうにする姿を見て、病院へ行くようにと勧めました。メンズ ラパルレ 体験

「行っても同じだ」と繰り返す主人でしたが、ある日仕事中に、病院へ担ぎ込まれたとの連絡を受けたのです。

腰の激痛に襲われ、立ち上がることが出来なくなったそうでした。

市内にある、整形外科へ急いでいくと、医者からヘルニアだと告げられました。

我慢しつづけたことが仇となって、運ばれたときは、かなりヒドイ状態でした。

痛み止めで落ち着いた主人の顔を見て安心しましたが、歩行困難のため入院生活が始まりました。

同室には、同じヘルニアの人ばかりで、この病気の多さを初めてしったのでした。

  • Copyright © 2012 www.greenroute.biz All Rights Reserved.