紅茶といえば皆さんどんなものを思い出しますでしょうか。例えばコンビニなどで販売されている牛乳パック入りの甘いジュースのような紅茶でしょうか。それともFAUCHONやLiptonなどの高級茶葉から自分で一から淹れる紅茶でしょうか。 どの紅茶でもそうなのですが、紅茶にも多種多様のブランドや飲み方があるのです。特にお茶の中でも甘い、渋いなどを自由にできる好みを広く設定できる魔法の飲料ですので、好んで飲まれる方が多いのですが、ただの茶葉でもフレーバーが付いている紅茶なども含めるとどのお茶の種類よりも種類は多いことでしょう。 例えばお茶の葉はアールグレイなのですが、そこにキャラメルのフレーバーが含まれている茶葉であれば、深い紅茶の味わいの中に甘いキャラメルの香りが鼻に広がってあたかも甘く感じるような感覚を覚えます。 味にしてもミルクで淹れてロイヤルミルクティーにしてみたりなど、その飲み方にも様々なバリエーションが有るため、これこそ紅茶の魅力と言えましょう。