そういえば最近半沢直樹の原作小説を読みました。半沢直樹は私が数年ぶりくらいに見たドラマで、世間と同じく熱狂的なファンになりました。そこで原作小説も改めて読むことにしたのです。 読んでいるとドラマの半沢直樹に出演していた役者の声が自然と頭のなかで聞こえてきます。結構原作に忠実にドラマ化されていましたが、正直に言うとこれはドラマ化をした監督と出演していた役者さんの功績が大きかったのだと思いました。ドラマほど爽快感はありませんでしたし、テンポの良さもなかったように思います。 細かな設定も違うところがありました。ドラマから入った私としてはやはりドラマのほうが良く出来ていると感じましたが、原作から読んだ人はひょっとすると逆の印象を持つのかもしれません。とにかくドラマの続編が楽しみで仕方ありません。今原作は他に1冊の単行本と雑誌に新シリーズを絶賛連載中ということで、来年辺りには早速続編の発表になるかもしれませんね。楽しみです。